GlyTech, Inc.

イントロダクション

糖鎖修飾は、広範に存在するタンパク質の翻訳後修飾の一つであり、生体内で発現しているタンパク質の50%以上が糖鎖修飾を受けていると考えられています。また、バイオ医薬品の多くが糖タンパク質であり、糖鎖はタンパク質の立体構造安定化や薬理作用発現に重要な役割を果たすと考えられています。しかしながら、タンパクを修飾している糖鎖は、その構造の多様性(複雑さ)、製造の難しさなどから、詳細な機能に関しては、まだ分からない点も多く残っています。

株式会社糖鎖工学研究所は、ヒト型糖鎖に着目し、大阪大学・梶原教授との共同研究の下、世界に先駆けてヒト型のアスパラギン結合型(N型)2分岐糖鎖の大量調製技術、及び糖鎖ライブラリーの合成技術の開発に成功しました。弊社のヒト型糖鎖は、均一な構造を有する新しいバイオマテリアルであり、並行して開発された糖鎖修飾技術を生理活性ペプチドやタンパク質に適用することにより、天然型の糖タンパクを簡易に合成することが出来るとともに、まったく新しい高機能化された、糖ペプチドや糖タンパク質を合成しうるものです。これらのヒト型糖鎖中心に創薬シーズの開発など、糖鎖の生物学的利用の可能性を追求しています。

我々が開発した糖鎖ライブラリーの利用方法のひとつとして、ペプチド等の化合物への糖鎖導入が挙げられます。我々の糖鎖ライブラリーを用いることで、これまで困難であった多様性を持つ糖鎖ペプチドの均一な大量利用が可能となり、糖鎖付加位置の最適化等、簡易な実施が現実的なものとなりました。また、均一な糖鎖ペプチドをベースに、糖タンパク質の化学合成にも成功しております。我々はこの最適化技術を新たなスクリーニングのシーズとして広げていくことで、これからのバイオ医薬品の発展に繋げていきたいと考えています。

  • イントロダクション
  • 技術紹介
  • 1:ヒト型Glycan Library
  • 2:糖鎖付加技術
  • 3:糖タンパク質合成